病気は仰山にしろ

病気は仰山にしろ

スポンサーリンク

【 わ た し の 解 釈 】

大なり、小なり病気は病気、病気にならないようにすることだ

【 つ れ ず れ 所 感 】

仰山(ぎょうさん)そのまま読んでしまうと、たくさんとなり

病気をたくさんしろ、となってしまう、

そんなことではないことはわかる

病気をしてはいけないとか

病気にはかからないようにとか

病気には気をつけるようにとか

そのように受け止めるのが普通である

国語学者ではないので詳しいことはわからないが

関西と関東では意味合いが違うようである

それにしても生きていくうえで病気やけがは付き物である

最近では病気にかからないようにと予防医学が推奨されている

病気にならない体つくり、健康を意識して体操をする

簡単な体操やウォーキングが始めやすいが続けることのむずかしさ

一度やめると次の機会を失ってしまう

人間はなんと弱い動物なのかと痛感してしまうのは私だけであろうか

一番いいのが仲間とやること、お金はかかるがジムに通うのも一つである

大きい病気だけでなく、小さい病気にも注意だ

小さいからと甘く見ていると、それが重大な病気へとつながっていく

しっかりとした知識とちゃんとした治療をすることである

大げさに騒ぐつもりはないが

こんなことと思うことで次に来ることを予測することも大事だ

スポンサーリンク