「小さな行動」が、やがて「大きな変化」につながる。

「小さな行動」が、やがて「大きな変化」につながる。

スポンサーリンク

「小さな行動」が、やがて「大きな変化」につながる。

何をするにもとっかかりが必要だ

とっかかりがつかめれば、自然に“流れ”ができる

流れができてしまえば後は続けるだけだ

「始め半分」という言葉がある。

最初から飛ばしすぎると途中で息切れがして止まってしまう

止まってしまうとそこから進めなくなる

だから最初から飛ばしすぎないで軽く進めることが大事だ

行動に移すことが肝心

ちょっとした行動でも、「始める」ことは、既に目標への道の半分を歩いたに等しいという

千里の道も一歩からというが

一歩踏み出すことは大変な勇気がいる

きょうから「一歩」を踏み出して明日につなげよう

ともかく踏み出さないことには何も始まらない

by かつしか

iPhoneからの投稿

スポンサーリンク