昭和の横綱大鵬

昭和の横綱大鵬

スポンサーリンク

昭和の横綱大鵬が亡くなりました

師匠の二所ノ関親方は
「相手次第でどんな相撲でも取れる」
「お前には自然体という立派な型があるじゃないか」
と励ましたそうです

ここでいう自然体は、自由気ままとは違う

大鵬親方が、かつてこんなことを言ったそうだ

そしてその「自然体」の意味を探ると

『押し込む力』を磨き上げること

前に出る

押す

その力と勢いが増せば、相手が見えてくる

そのちょっとした余裕の中で、技は決まるんです

とのこと

それをするにはどれほどの鍛錬と努力があったか

基本を徹底的に磨いた上につかんだ自信のなせるわざに違いない

何事も簡単にこなしてるようだが

根底には血のにじむような
努力をしていることを知らねばならない

by かつしか

iPhoneからの投稿

スポンサーリンク