このホワットしたところがいいんじゃないかな

このホワットしたところがいいんじゃないかな

スポンサーリンク
<お題みつけた>

俳人の長谷川櫂氏は指摘する。

西洋化された住宅の中に、

畳の間が違和感なく存在している――

つまり、異質のもの、

相容れないもの同士が引き立てあいながら共存すること。

それが日本人が培ってきた和の本来の姿である、

と(『和の思想』中公新書)

<つれずれ所感>

 

最近の家には、
 
畳の部屋が少なくなってきている。
 
ましてやフローリングのみで畳み自体がないことが多いようだ。
 
どんな家に住もうが自由だがほっとする間があるといいなと思う。
 
和の心ってなんだろうと考えても具体的に出てこないが、
 
このホワットしたところがいいんじゃないかな。
 
 
           by かつしか
 
 
 
 
スポンサーリンク